MFI

MFIがインデックスカバレッジのレポートに

サーチコンソールのインデックスカバレッジの対象に、モバイルファーストインデックスが含まれることになりました。

Data anomaliesを見ると、その旨を確認できます。インデックスの数そのものは変わらないようですが、モバイルページに発生したエラーもレポートされることになった点は、担当者の多くにとって朗報だろうと思います。
クロールインデックスランキングには影響しないようなので、新たに対策する必要もありません。

「グーグル検索において、サイトに影響を与えかねない問題が発生しました」とのメッセージに遭遇し、狼狽する人も時々見かけますが、先ずはヘルプを読んでください。グーグルはまた、Lazyloadの推奨も発表しました。
この中で、IntersectionObserver API、及びpolyfillを実装することが望ましいとしています。中でもSEO対策を担う方に薦めたいのが、polyfillです。
Web Rendring Service(グーグル検索のレタリングシステム)はchrome41に相当しますが、IntersectionObserver APIはchrome51以降のサポート対象であり、グーグルが認識できない画像が生まれます。
この問題を解決するのがpolyfillなのです。

簡単に言えば、新技術に対応していないブラウザであっても、その技術を利用できるようにする仕組みがpolyfillです。
ですからpolyfillを利用すれば、IntersectionObserver APIをサポートしていないグーグルボット、WASでも、画像を認識することができるようになります。
具体的には、ユーザーが使用するブラウザにlazyloadを適用することで、パフォーマンスを改善します。
他方、グーグルボットにはすべての画像を読み取らせます。この時、polyfillが機能して、検索エンジンフレンドリーになるのです。

興味のある人はグーグルのスクリプトを使って、lazyloadがその通りに機能するかどうかを検証するとよいでしょう。

サイト制作者

カード画像のキャプション2

Hughes

SEO対策を考えている皆様が今知っておくと得する情報を記載しております。又、今後SEO対策を視野に入れようか悩んでいる方にも是非目を通していただけきたいサイトとなっております。

新着投稿