ユーザーの視点

2020.02.07

SEOという言葉は、近年急速に広まったものの、その実「検索エンジンを最適化すること」が目的であるという部分が少し置いていかれつつあるのではないでしょうか。
ユーザーは人それぞれに自信の目的に添ったと考えられる検索ワードから、検索結果を見て、各々「目的を達成できそうな」サイトを訪問していくというのが閲覧者心理の大まかな流れと言えるでしょう。
検索エンジンを最適化するというのは、このユーザーの目的を叶えられるようなサイト内コンテンツを用意し、充実したサイトを作っていくことと言えるのではないでしょうか。

ユーザーの目的というものを確実に読み取り、それを達成できそうと思わせるキーワードを設定することもSEOとしては重要でしょう。この読みが当たれば、閲覧の数はどんどんと増加し、検索結果も次第に上位表示されていくというのがSEOの基本的な流れと言えるのではないでしょうか。
ユーザーが10人いれば、キーワードも10通りあっておかしくないでしょう。その時に重要なのは、組み合わせのキーワードの設定とも言えるでしょう。組み合わせ設定を明確にすることにより、より目的達成への関心は高まるのが閲覧者心理なのではないでしょうか。

インターネットが当たり前になった現代では、ユーザーが秒単位で入れ替わり立ち替わりサイトを閲覧している状態と言えるでしょう。そんな中で「選ばれる」サイトを作るためには、閲覧者の欲しい情報を一目で理解できるようなサイトなのではないでしょうか。地図やアクセス方法、口コミ、営業時間、写真といった「求められる情報」をシンプルに導いてあげるサイトを作ることは大切なポイントと言えるでしょう。
自社ブランドのサイトを展開する場合、アピールポイントだけになってしまいがちですが、それは本当に「ユーザーが欲しい情報か?」というところに立ち返っていけることが望ましいのではないでしょうか。

サイト制作者

カード画像のキャプション2

Hughes

SEO対策を考えている皆様が今知っておくと得する情報を記載しております。又、今後SEO対策を視野に入れようか悩んでいる方にも是非目を通していただけきたいサイトとなっております。

新着投稿